「みんなで舞台に立とう!」保護者の皆様へ


「みんなで舞台に立とう!」は今年(2018年)で13回目を数える、私たちの活動内容の中で最大のイベントです。

障がいや発達につまずきのある子どもたちが、ワークショップを通じて仲間同士で協力し合い、自分を表現する楽しさを感じてほしい…そんな思いから舞台発表を行っています。

今年は2018年4月15日(日)に福井市文化会館にて開催します。

約2時間の公演中に「太鼓」「ダンス」「オトナブ~ダンス&ゲキ~」を取り入れた舞台発表を予定しています。

参加をご検討の方は 主催・出演 をご覧ください。 

 


太鼓

 ミナブタといえばオープニングを飾るのが太鼓です。毎年参加している人はすっかり太鼓の達人!?息もぴったり、力強い演奏をお届けしています。

ダンス

毎年ミナブタのステージ上ではJ-POP等に合わせてオリジナルの振り付けを踊っています。同じ動きでも、一人ひとりの個性が光るダンスには定評があります。


高校生以上を対象とした月に1回の表現活動の場です。詳しくは オトナブ をご覧ください。

※ミナブタの参加費以外に別途参加費が必要となります。


ダンス

ゲキ


参加者の声 


 

保護者の方々に聞きました。「『みなぶた』ってどんなところですか?」

・「みんなに会いに行く場所」です。いつも誰が来るのか聞いてきます。

・「居場所」になっています。毎回参加するのが自然になってます。「秋になったら行く場所」と思っているようです(笑)

・卒業した人達とも交流が出来る場所です。

・楽しんで参加しています。やる気満々です!

・まだ小さいのでお兄さんお姉さんにダンスを教えてもらったりしています。本人の世界が広がっていると感じます。

・「憩いの場」です。保護者としても他の保護者さんとの交流が出来てありがたいです。

・もっと早く参加すればよかったです...

 

 

ダンス大好きな息子が活動できる場を探していた昨年、「みんなで舞台に立とう!」に出会いました。

子供たち・先生や保護者の方々、皆さん優しくて、とても楽しく充実した時間を過ごしています。

初めての舞台発表では、子ども達が体全体で思い思いに表現する姿親や観客もステージに立ち会場が一体となる場面に感動しました積み重ねた練習が大きな達成感となって返ってきた日でした。

そして息子にとって2回目のシーズンとなりました。舞台を経験して自信がついたのか色々な事に前向きに取り組んでいると感じます。

私自身も、子ども達が生き生きとした表情で練習している姿にいつも元気をもらっています。

次の舞台では、みんなでどんな表現を見せてくれるのでしょうか。楽しみです!(高1男子Tくんのお母さん)


 

 学校や職場とは違う人との   

 

出会いがあります

 

みんなで舞台を成功させたい

 

その気持ちはみんな一緒

みんなで舞台に立とう!